令和4年度

校長より

一生涯実行するに値する言葉を問われ、孔子は、「其れ恕か。己の欲せざるところは、人に施すことなかれ」と答えています。恕とは、自分の「心」に対するが「如く」に人に対する思いやり、のことです。歳を取るにつれて、身体には衰えが生じるかもしれませんが、心には永遠に衰えはありません。常にこの言葉を念頭に置いて、人と接する姿勢を持ち続けたいと思います。

4月21日(木) 川俣高等学校長

良 心

昭和22年頃の公衆電話料金は、50銭で利用できる、交換手を介して相手と話をするものでした。でも、50銭硬貨というものはなく、また、10銭硬貨を5枚揃えるのも難しかったので、当時の電話局は50銭紙幣を入れることのできる箱を設置してみたそうです。でも交換手には、利用者が50銭紙幣を実際に箱に入れたかどうかを確認することはできません。信用して電話を繋ぐしかなかったのです。数日後に箱を開けた係員は、驚くべき光景を目にします。料金の収納率は105%だったのです。お釣りが出ないことを知っていながら10円札を入れる人もいるなどしたため、100%を上回る結果となりました。人の目があろうとなかろうと、日本人は揺らぐことのない良心を持っている証です。こうした伝統は末永く受け継ぐものだ、と改めて思います。ちなみに、当時のアメリカでは、「日本人の道義心、恐るべし」と紹介されたそうです。

4月20日(水) 川俣高等学校長

有言実行

国によって人を判断する基準は異なりますが、多くには次の4つの型が見られるようです。第一に有言実行型です。言うまでもなく、最も信頼されるタイプです。次に不言実行型です。言葉を発することはなくても、自分のすべきことについてしっかりと取り組むタイプです。第三に不言不実行型です。言うことも言わなければ、やることもやらないタイプで、周囲からの評価は概ね低くなります。最後に有言不実行型です。やるはずのことに手を付けないわけですから、その穴埋めをするために、周囲の負担はかなり増します。信用の信は、人が言う、と書きます。人は、口に出したことを守る義務があります。生徒の皆さんには、自らの発言に責任を持ち、周囲との良き人間関係を築いてほしいと思っています。

4月19日(火) 川俣高等学校長

時の大切さ

「世の中は三日見ぬ間の桜かな」というように、日々の変化の激しさには驚くばかりです。ほんの少し本を読まずにいれば、考え自体が空疎なものとなってしまうことを言う、「三日 書を読まざれば、その言 含蓄なし」という言葉もあります。このように、時を大切なものとして捉える表現は多くあります。現在は永遠ではありません。中国の詩人陶淵明も、「盛年は重ねて来たらず、一日再び あしたなり難し」とうたっています。青年(盛年)期は、2度はやって来ません。生徒の皆さんの年齢時に学ぶことはたくさんあります。皆さんにとって、毎日が進歩的日々であることを期待します。

4月18日(月) 川俣高等学校長

日本では温帯林が繁茂していたため、かねてより、家や道具に、また燃料としても木が多く利用されてきました。一見すると柔らかく、弱々しくも見える木ですが、法隆寺の修理を担当する宮大工さんによれば、桧の柱は千年以上もの寿命があるとのことです。一方で、法隆寺の改修に必要な桧は日本国内では見つからず、台湾など海外から輸入して対応するとのことです。木の文化は日本の大きな特徴の一つです。私たちの生活に身近な存在である木ですので、これからも大切にしていきたいものです。

4月15日(金) 川俣高等学校長