令和3年度

2021年4月の記事一覧

学習がうまくいかないときに

学ぶ過程においては、

容易に知識の定着を図ることができる時期と、

なかなかうまくいかない時期が

交互にやってくるのが普通です。

後者のことを、心理学では高原現象と言います。

しかし、この時期は、

次への飛躍に必要なエネルギーの充電期間とされています。

学ぶ者は誰でも経験することと認識して、

川高の皆さんには、学びの歩みを止めないことを願います。

4月16日 川俣高等学校長

当初わからないのは当たり前

生徒の皆さんは、「わからないことは恥ずかしい」と

考えたりしていませんか?

新しいことに取り組むときに、

わからないのは至極当然のことです。

確実にわかるまで質問し続けるなど、

答えの追求をしてみてください。

わきあがった疑問を解決しようとする、その姿勢の中にこそ、

理解力を飛躍的に引き上げてくれるエネルギーが含まれています。

4月15日 川俣高等学校長

自らの成長について

生徒の皆さんが日々取り組む学習活動や部活動の中で、

自分が劇的に変わった、または、自分が如実に成長したと

感じる機会はそう多くはないかもしれません。

しかし、それは皆さんが、成長していないわけではないのです。

たとえば子どもの頃、しばらくぶりに会った親戚の方に、

「大きくなったね。」と言われた経験は誰にでもあるはずです。

自分では気づかないけれども、客観的に見ると成長している、

このことがすでに素晴らしいことなのです。

4月13日 川俣高等学校長

 

前田遺跡について(その2)


前回は、前田遺跡のことを書きました。

今回もその続きです。

出土する土器の素晴らしさの一つは、その色鮮やかさにあります。

表面に塗られた赤と黒が、今なお色あせることなく輝いています。

当時の技術は、私たちの想像をはるかに超える、高いものであったことの証です。

本校から車で5分程度のところにある遺跡です。

全校生が直接、目にする機会があれば、と思っています。

 

4月13日 川俣高等学校長

前田遺跡について

皆さんは前田遺跡のことを知っていますか。

今から約4,000年から2,800年ほど前にかけて、本校から車で5分程度の場所で
当時の人類が生活していた、という痕跡が発見されました。

集落跡からは土器が見つかっていますが、驚くのはその出土品の多さです。
通常であれば10年程かけて発掘される量が、数年で見つかっているそうです。

日本中の考古学者が注目する発掘作業は、現在も継続されています。

4月12日 川俣高等学校長