先輩からのメッセージ
川俣高校で進路を実現した先輩からのメッセージを紹介していきます。
 
◆高野 樹 【国立大学合格】
<どのような高校生活を送ったか>
 学習面では、日々の授業や考査に向けた学習に真剣に取り組み、帰宅後は自主学習をして、毎日担任の先生に提出していました。また、3年間部活動に熱心に励み、体力や精神力をつけることができたと思います。
<どのようにして進路を実現したか>
 AO入試では、学科試験とポスターでのプレゼンテーションが行われました。学科試験に向けては、問題集に取り組み、各教科の先生から個別に指導していただきました。プレゼンに向けては、4月から準備を始めました。放課後や休日の時間に、理科の先生に個別指導をしていただき、完成度の高いポスターを仕上げることができました。プレゼンの発表練習では、校長先生をはじめ多くの先生方に指導していただき、自信を持って本番も発表することができました。
<後輩へのメッセージ>
 川俣高校は、生徒一人ひとりが夢に近づけるように、先生方がとても熱心にあたたかい指導をしてくださいます。生徒会活動や部活動も活発で、それぞれが自主的に頑張っています。みなさんも一日一日を大切にして、充実した高校生活を送りましょう!


◆髙橋 七美 【私立大学合格】
<どのような高校生活を送ったか>
 勉強も部活も手を抜かず、文武両道を目指して高校生活を送っています。勉強面でもスポーツ面でも、明確な目標を立てて、その目標実現のために努力しました。
<どのようにして進路を実現したか>
 部活動では、高い目標に向けて日々努力していったことが大会での結果につながり、進路実現への自信となりました。受験に向けては、受験する大学の過去の問題を参照し、スポーツ関連の現実的な課題や改善策を自分なりに考え、小論文や面接練習に生かしました。自ら積極的に情報を収集し、何度も小論文の練習をし、先生に添削していただき改善していきました。しっかりと準備をすることが大切だと思います。
<後輩へのメッセージ>
 自分の進路を実現するためには、小さなことでも自分なりの目標を立てて1つ1つ実現することで自分の進路や夢に近づけると思います。これからの時間を大切にして頑張ってください!


◆菅野 幸也 【就職内定】
<どのような高校生活を送ったか>
 入学の時から、勉強と部活動を両立させた高校生活を送っています。学習面では、自分が苦手な所に力を入れて、克服できるように努力しました。部活動では、明確な目標を立てて、それを実現できるように頑張りました。
<どのようにして進路を実現したか>
 過去問に取り組むだけでなく、今まで出題されたものと似たような問題を何度も繰り返し解きました。面接練習は、たくさんの先生方に指導していただき、改善していきました。また、聞かれたことに対して、自分の考えをしっかり相手に伝えられるように努力しました。その結果、試験の面接は自信を持って、自分の考えを相手に伝えることができ、自分が就きたいと思っていた企業に内定をいただくことができました。
<後輩へのメッセージ>
 今まで過ごした時間はもう戻ってきません。「あの時、あれをやっていれば・・・」と後悔しても遅いです。ですから、後悔しないように一日一日を大切に過ごし、自分の進路実現のために頑張りましょう!
<取得した資格>
 ・ガス溶接技能講習修了
 ・ボイラー取扱技能講習修了
 ・計算技術検定3級
 ・パソコン利用技術検定3級
 ・機械製図検定
 ・基礎製図検定


◆高橋 玲奈 【就職内定】
<どのような高校生活を送ったか>
 文化祭や球技大会などの様々な行事を目一杯楽しみながら、日々の学習はもちろん、資格取得を目指した家庭学習を行いました。友達との交流を通してコミュニケーション力を学ぶなど、充実した高校生活を送りました。
<どのようにして進路を実現したか>
 資格取得に一番力を入れました。事務の仕事で有利になる、ビジネスに関係する資格だけでなく、漢検や英検などにも挑戦しました。また、面接や小論文の練習など、たくさんの先生方に協力していただきました。自分の失敗を失敗のままで終わらせず、しっかりと克服し自分の力にすることで、進路実現へつなげることができました。
<後輩へのメッセージ>
 川俣高校の魅力は、授業・行事・学校生活全体を通し、様々な面から人間的な成長を目指せる点です。先生方も、生徒一人ひとりにきちんと向き合ってくださり、学習面でもわかるまで教えていただけます。何事にも積極的に取り組むことで、必ず自己を向上させることができると思うので、自分の可能性を信じて頑張ってください!
<取得した資格>
 ・ビジネス文書実務検定2級
 ・ビジネス文書実務検定文書部門1級
 ・情報処理検定1級
 ・日本漢字能力検定3級
 ・実用英語技能検定3級
 ・数理技能検定準2級